てょこのめんたる

めんどくさがりがめんどくさいことをただただ書き続ける自己満足のメモ帳

身体の不調と適応障害

支離滅裂になるかもしれないけど書きます。


今日も仕事はとても平和だったのですが
適応障害に似たような虚無感に襲われて
帰宅途中に死にたい、殺したいという
感情で頭の中が埋め尽くされていました。

そもそも私は本当に適応障害だったのか?
心療内科の先生には「間違いないでしょう」
と言われたけれどそれでも正直なところ
適応障害を告白している匿名でのSNS等の
文章を読んでいてもしっくりこない。

確かに仕事をやめて引きこもって3ヶ月
ストレスが減ったおかげで心は回復したし
当時ほど死にたいと強く思うことはないけど
定期的に襲ってくる虚無感の原因を3年間
ただただなんとなく生理だからだろうとか
ホルモンバランスのせいにしていたんですが

私と同じ人がいるのではないかと思うので
私自身のダメな所を箇条書きで書き出します。

これは幼少期から変わらない私の性格です

・時間の使い方が下手(わからない)
・お金の管理、貯金が出来ない(給料分毎月使う)
・働いてるのに体力だけありあまっている
・なのに精神力が削られ過ぎてやる気が起きない
・人の言葉を借りないと意見が言えない
・普段何気ない雑談は出来ているのに話に意識すると話始め終わりがわからなくなり1人で混乱する
・別のことを考えてる時に急に話し掛けられると理解出来ているのに返事が出ないまま身体が先に動く
・とりあえず反省しなければいけないのはわかっているのに反省しなければいけない理由が腑に落ちないと頭の中で整理する方が先になってしまい黙り込んでしまう。
・(仕事だと)口頭説明だけでは理解出来ない
・ドラマや映画や小説には感情移入しやすい
・好きな曲も気分じゃないと聴いてて苛々する
・その日の気分に自分に振り回されている

虚無感に襲われる前日は大抵
飲み食べ過ぎたり寝不足になっていたり
とにかく身体に負荷をかけた次の日にくる


そこでいろいろ考えました。
適応障害と診断されているかたの多くに
ADHD摂食障害自律神経失調症など
併発しているのもよく見かけるんですね

もし、仮に私と同じなのであれば

どれだけ意識しても健康的な日常生活を
送れてない人達が多いんじゃないか…?


ストレスだとかなんだかんだも確かにそうですが
しようと思ってもある程度頑張ってみると
意識することを脳がやめてしまうような感覚

自分で書いてて頭おかしいんじゃないかと思う
正当化しようとか肯定するつもりもなくて
ただ、本当に甘えって言われても仕方ないと
思うくらい頭がついて行かないのは自分でも
本当に気持ち悪いくらい衝撃を受けてる。

今まで普通に生きてたつもりだけど
他の人達との違和感とか会話の中とかでも
自分だけが理解出来てなかったりが多くて

仕事ではそれなりに認めてもらってて
「若いのによく働く向上心のある奴だ」
とか言ってもらえたりしてるんですけど、

話せば話すほど自分って本当にバカなんだと
感じることは実際、物凄く多いんですよね。


仕事の話でもプライベートな話でも
ただ単に私が世間知らずなんだろうと
思って流せなくはないんですけど、

私って、この職場にいる人の中で1番
人にも何にも強く興味を持つこと無く
何も考えずに生きているんじゃないかと。



生きる事が惰性でしかない

上手な生き方があるとしたら教えてほしい
でもたぶん教えてもらっても行動出来ない
意識が無意識に消える

私なかなかヤバい人だ

冷静に分析すればするほど気持ち悪くなる

自分の意志で動かしてる指先すらも
何で動くんだろうって
だんだんと気味悪く感じるくらい


これも何かの病気なんでしょうか
もう、誰かの敷いたレールの上を
死ぬまで進む人生の方がまともに
近付けるような気がしてきた。

また答えのない話で終わったなあ

消えたい、死んだりはしないけど

本心であることは間違いないんだなあ…。